ワードプレスがなぜいいのか?完全自動化を実現

そろそろ会社を辞めて夫を捨てて
第二の人生を掴むための幸せ設計術

ナビゲーターの北澤英実莉です

 

なぜ、ワードプレスがいいのか?

正直私もあまりよさを分かってなかったんですよね

お金をかけてワードプレスの
ことを教えてもらっても
全然成果に繋がらなかったんですが

 

実はあることをしたら
どんどん成果が出て来ました

 

 

まず、ワードプレスは
検索エンジン対策に非常に
良いということが最大のポイント

 

 

ターゲットがどんなキーワードで
検索して来るか?を考えて
作り込むとほぼヒットして来ます

 

 

が、ただワードをたくさん入れたらいいと
いうものでもありません

ワードプレスとfacebookの違い

ワードプレスとfacebook(SNS)の違いをまず
表にしてみました

 ワードプレス

facebook

蓄積性

✖︎
検索エンジンからのヒット✖︎
取り組みやすさ
構築時間膨大ほぼなし
ブランディング少し必要かなり必要
ターゲットの一致率
作業量最初は多いが後は放置永遠に継続

 

このおかげもあり、
かなり膨大な作業量はかかりますが
こちらのサイトは
ターゲットに検索して欲しいワードで
ほぼ検索されております

 

検索結果

作り始めたのが半年前

 

更新は月に1回程度ですが
ほぼ検索がヒットしていることが
分かりますし

 

更新しなくても
毎日アクセス数が増え続けています

 

 

メルマガ読者もじわじわと増えていき
確実にターゲット意外はこないのです

ターゲットの一致はニーズの一致

ビジネスにおいて一番大事なことは
ターゲットの一致です

 

 

そしてそのターゲットを
ちゃんと集客できること
これが大事です

 

 

なので、ワードプレスで
構築すると
ほぼ間違いなくターゲットがきて

 

 

成約率も非常に高い

 

 

そして、ファンもできやすい
というメリットもあります

 

 

ニーズの一致は
実はブログ内で構築していく必要が
あります

 

 

書く記事は全て
「計算の上」書かないといけません

 

 

ただ闇雲に書くのではなく
ちゃんと書き込んでいくので
当然のことながら
時間はかかりますが

 

 

一度作り込むと後は
テコ入れだけでいいので
とても楽なんです

ワードプレスでSEO対策をするために必要な順番

ワードプレスがいいことはわかった
じゃあどうすればいいの?という方に
流れを説明します

 

1.まず体裁を整えるためのテコ入れをする
これは2時間で指導し、およそ1週間程度で完成します

 

ここは第一段階ですが、まず有効なプラグインなど
早く記事が書ける方法をマスターする

何事も時間がかかってはスピード率が下がるので
体裁を整えるための設定をしていきます

 

こちらはお手入れレッスンで指導します
120分 30,000円(税込)

全てオンライン
お申し込みはこちら

 

2.テコ入れができた方の次の段階として
日々の投稿から全て見直し

実はここに一番時間がかかります
早い方で3ヶ月
平均6ヶ月程度かかります

記事の作り込みからヘッダーの作り込み
全て考えて作り込んでいきます


そのために、自分の棚卸など
とにかく膨大な作業を要します

 

ここについてはまずは
費用面はお問い合わせください

 

相談は無料です
限定3名さまで締め切ります
こちらから

 

3.後は月に1回程度のテコ入れで
リスト取りをしていく

ここからは完全自動化です
つまり、だいたい1年は構築するのに
時間がかかります

アメブロとの違いとは?

私も実はワードプレスがいいと
聞いておきながら
あまり効果を感じておりませんでした

 

アメブロで十分
集客もできるし
facebookもそれなりに活用して

 

ですが
新しいプロジェクトの
立ち上げのために
構築してみたんです

 

3ヶ月くらいは
必死で構築に時間をかけました

 

そして放置して6ヶ月目・・・

 

正直びっくりしました

 

こんなにも
私が考えた「検索ワード」で
ヒットするなんて。。

 

アメブロもfacebookも実は
更新ありきです

 

もっと自動化がしたいと
そう思う方は
まずは構築しておいて
損はないと思います

 

ビジネスは立ち止まって
悩んでいる暇はありません

 

まずはどんどんチャレンジして
突き進んでいきましょう

 



  • ブログよりも濃い情報がいち早く届きます
    ご登録はこちら
     
  • 50歳からの生きるヒントを総まとめ
    メールマガジンご登録はこちら

 

未分類
シェアする
emilyをフォローする
そろそろ会社を辞めて夫を捨てて第二の人生をつかむための幸せ設計術