一瞬のやる気は継続できない理由

習慣と脳の使い方を変えるための心理学

そろそろ会社を辞めて夫を捨てて
第二の人生を掴むための幸せ設計術

ナビゲーターの北澤英実莉です

 

今日は一瞬のやる気は
当てにならないということについて
お伝えします

やる気に頼っているうちはまだまだ

すごい人の話を聞いたり
イベントに参加したりすると
やるぞー!!っていう気持ちになりますよね

 

こうゆう言葉を言う人は危険です

 

「やる気が出ました!」

「やります!」

おそらく、2日後くらいに
全てを忘れて
テンションが下がっていることでしょう

 

やる気をテンションに頼っているうちは
力を押したスポンジのように
力を加えなくなると
凹むこともありませんから

 

すぐに元に戻ります

 

「なんだかやる気がないな〜」
という状態になります

可塑性

少し難しい可塑性という言葉ですが
要は力を加えて凹んで
力を抜いても元に戻らない性質を言います

 

要はこの状態になることが
理想的で、何をしなくても
元に戻らない

 

これが「変わった」ということになります

 

分かりやすく例えるならば
コンクリートに穴を開けると
そのまま残ります

 

逆に粘土もそうですね

 

外界からの衝撃がない限り
そのまま形は残ります

やる気ではなく必要なのは「動機」

やる気に頼っても
すぐに元に戻ることは
お分かりいただけたかと思います

 

 

だからこそ何が必要か
というとそれは

 

 

「強い動機」です

 

 

なんのためにやるのか?

 

 

その目的が明確でないと
ブレます

 

 

お金が稼ぎたいから
だとダメです

 

 

その先にあるもの
稼いであなたは何をしたいの?

 

 

というところまで見えてないと
お金を稼ぐ手段は
正直なんでもあるからです

 

 

やる理由は
ビジョンとかミッションを
さします

 

 

まずなんのために
それをやるのか?
ぜひ明確にしてみてくださいね

 

何かの参考になれば幸いです

 

★ネット集客を強化したい
女性起業家のための
北澤英実莉オンライン経営塾
体験セミナー

特別価格は12月末まで



  • ブログよりも濃い情報がいち早く届きます
    ご登録はこちら
     
  • 北澤英実莉無料メールマガジン
    「ラグジュアリーレッスン」
    こちら

 

コメント