離婚するために起業はやめておいたほうがいい

離婚するまでにするべきこと

そろそろ会社を辞めて夫を捨てて
第二の人生を掴むための幸せ設計術

ナビゲーターの北澤英実莉です

 

さて
離婚するために起業したい!と言うかた
多いと思いますがそれは果たしてどうなのかどうか?
解説していきたいと思います

離婚したいならば起業は辞めるべし

いきなり結論です。

 

これは何故か?と言うと
起業ほど不安定なことはないから・・・

 

1度うまく行ったとしても
実はビジネスというのは
波があるからです

 

安定した収入を・・・と求めるのであれば
起業ではなく「お勤め」を選んだほうがいいということです

 

安定についてはこちらでも書いてます

あなたがなぜ?起業したいのか?

とはいっても起業したいと思うかたのほとんどが
結婚前にバリバリ働いていた人が多いです

 

そんな方はキャリアを捨てたことに
後悔もあるかもしれません

 

正社員に魅力を私は全く感じないですが
もしそれが

 

死ぬほど嫌で
起業したい仕事がある
ということが前提ですが

 

それならば起業がベストです

 

起業するには
理由が必要なのですね

 

 

私の場合はまずは
逆にお勤めをしたくない理由を書き出しました

 

  • 毎日満員電車に揺られて通勤すること
  • 尊敬できない上司に顔色を伺うこと
  • 誰かに自分のお給料を決められること
  • 誰かに自分の働く時間を決められること
  • 誰かに自分の仕事を決められること
  • 10年後の未来を考えるとゾッとする
  • いつも同じ場所に出勤すること
  • 生産性のない仕事
  • 面白くないランチ中の会話
  • 代わりのきく仕事
  • 社会に必要とされている感がないこと
  • クリエイトできないこと

 

もう、そりゃ向いてないわって感じですよね

 

そして次にしたことは
この右側に、「じゃあどんな状態がいい?」ということを
書き出してみました

 

 

例えば
「毎日満員電車に揺られて通勤すること」
に関しては

 

 

満員電車に乗ることなく
どこかに通うことなく
自分の好きな場所でできる仕事

 

という風に

 

 

全ての項目を
「じゃあこうだったらいい」に書き換えました

 

 

つまり、私の場合
何を書き換えても
起業にたどり着く

 

だからこそ起業を選んだのですね

 

この理由が弱いと
うまくいかないと
すぐに元に戻ってしまうからです

 

そしてまた、離婚したいと
ぐるぐる悩む日々

 

そんなの嫌ですよね?

 

だからこそ尚更
ここは絶対に明確にして
そして言葉にする必要があります

書くだけで未来は変わる

言葉にできない
というのは実は「ない」のと同じなので

 

まずは書くという作業から入るというのが
一般的です

 

そしてもっとオススメなのが
「最終的にどうなりたいか?」
ゴールを明確に示すこと

 

全部がふわっとしていると
未来もふわっとしてしまいますので
まずは明確にはっきりさせる

 

これは今の時点の気持ちで構いません

離婚してもしなくても自分の人生を歩もう

離婚するかどうかは
正直なところ計画的に、がいいと思います

 

私のお知り合いの方は
7年くらいかけて
離婚したそうです

 

そこはプロの方に
お任せするとして・・・

 

財産も
資産も、収入源もないうちは
辞めたほうがいいでしょう

 

 

あるファイナンシャルプランナーの方に
お聞きしましたが平均的に
どれくらい預貯金があるといいのか?というと
(これは定期預金や証券・資産は含みません。)

 

 

1年分のお給料くらい
だそうです

 

 

ですが子供が2人いる場合
子供が1人いる場合とで、
変わっていきますので
あくまでここはご参考程度に・・・

 

 

なのでもちろん起業する場合は
私の経験から言うと3年以上
継続して入り続ける収入源を確保してから離婚
がいいと思います

 

 

3年でも少し弱いですが
5年目で廃業する人もたくさんいるので

 

 

お勤めにしてもそうですね

 

 

私よく思うんですが
世間の職業マニュアルの中に合わせて
自分の職業を選ぶものではない
と常々思っていて

 

 

自分のなりたいライフスタイルに合わせて
仕事を創る
と言うのが一番素敵かな
なんて思うのです

 

 

起業の場合は特に
どう生きたいか?を明確にする必要が
あるので、まずはそこかなって思います

 

 

自分が生きたいライフスタイルが
起業であれば
それは頑張る価値はありです

 

 

結局離婚してもしなくても
自分が生きたい人生を選ぶことで
幸せになっていくんだと思うのです

 

 

そもそも、起業の動機が
「離婚したい」だと離婚した途端
起業する目的を失っちゃいます・・・

起業はプライベートの一環

起業ってプライベートとイコールだと
私は思っています

 

仕事を分けられる人って多分
お勤めの人に多い考え方じゃないかな?

 

何をしてても
仕事はどこからでもやってくるし
逆に何もしないと仕事は
やってこない=売り上げは上がらない
わけだし

 

プライベートが嫌なものならば
おそらく起業も嫌なものになってしまう

 

まずは
何をするか?よりどう生きたいか?
ぜひ紙に書き出してみてくださいね

 

 

★北澤英実莉オンライン経営塾
体験セミナー全国で開催中!
こちらから

 



  • ブログよりも濃い情報がいち早く届きます
    ご登録はこちら
     
  • 北澤英実莉無料メールマガジン
    「ラグジュアリーレッスン」
    こちら

 

コメント