初めまして

プロフィール

初めまして
北澤英実莉です

 

ブログはずっとアメブロで7年間
しておりましたが、今回新しくブログを
開設しました

 

私のプロフィールをご紹介します

 

なんの取り柄もなく大した実績もなく
転職回数7回以上

 

思春期に父親を交通事故で亡くし
20代前半では当時の恋人が
大病をして死にかける

当時の仕事を辞め、6ヶ月の毎日の看病の末
アパレル業界からOLへと転身
結局破局を迎え、

 

人生を考えた時に
自分には何もないことを知る

 

ストレスだらけで
他人に気を使いすぎて
疲れ果てて大きなお金の失敗を
2度経験

 

そこから縁あって結婚・出産を機に
お仕事やアルバイトは全て引退

 

 

子育て中も何かがしたいと探し続けるが
なかなか見つからないまま
自分探し貧乏に

 

 

ひょんなことから素敵なお稽古サロンに出会い
資格を取得するのに3年の歳月をかける

 

 

下の娘が保育園に入所したタイミングで
今から4年前に高級ハンドメイド教室
「カルトナージュ」教室を自宅にてOPEN

 

 

わずか半年で満員御礼サロンを作り上げる
無名・ノンキャリアの状態から
オンラインだけで集客をし
7桁を超えたことから

 

ネット集客について質問が多くなり
コンサルティング事業をスタート
こちらも軌道に乗るが
子育て中のために多忙すぎて
倒れる

 

 

先のことを考え、
自分が働かなくてもある程度の
収入源が必要だと感じ
PC1つでできる自動化の収入を構築

 

 

現在は好きな時に好きな場所へ
世界を旅しながら自由に生きてる

 

普段は子育てをしている普通の主婦です
仕事も他にもいくつかしています

 

こんな私ですが
なぜ50歳からの人生設計方法を語るのか?
というと

 

私のクライアントの方が
ほぼ50代だからです

 

私はどうやって人生を生きるのか?
何をするのか?
長い人生こう生きたい
を常に考えてきました

 

そして今の人生は10年前に
自分が設計した通りの人生と
なっているんです

 

50歳になって・・・
夫と離婚したい
自分の人生を考えたい
そう思う方はたくさんいます

 

これまで家族優先の生活を
余儀なくされ
ここから自分の人生を
リスタートされる

 

そんな方が多いです

 

時代の流れは大きく変わり
女性は家庭にいないことが
当たり前の時代になってきました

 

私の場合旦那に養ってもらうと
考えたことがないのですが
実は会社で働くことも
会社に養ってもらうのと同じこと

 

毎日の通勤時間を
何1つ疑問を感じない方はこのブログを
見てないと思います

 

私も元々OLでしたので
毎日毎日満員電車に揺られ
自分の人生ってなんだろうな?

 

もっと自由で広い世界が
あるんじゃないか?
疑問に感じていたタイプです

 

この毎日の9時間拘束
実労働7時間でも
この毎日の7時間は1週間で35時間

 

同じ時間を自由に使いたい
私は会社の社畜になりたくなかったのです

 

よくありがちなパターンとしては
それなりにお給料をもらってる人の場合

 

私は会社員は悪くないと思ってます
会社が潰れない限りは
安定ですし老後も社会保障が続いていれば
もらえるわけです

 

もしかすると70歳からかもですが・・・

 

そもそも70歳まで生きてる保証なんて
ありませんから

 

それならば
今という瞬間を楽しく
自分のために使った方が良くないか?!

 

同じだけのお給料を
自力で稼ぐと
人生は本当に大きく変わります

 

一度しかない人生
自分の好きなように彩るには
いくつかの選択肢があります

 

実は起業をしてもしなくても
会社を辞めても辞めなくても
それなりに人生を楽しむ方法は
たくさんあります

 

ぜひこのブログで知識をつけていただきたい
そう思って幸せに生きる人生設計術として
読んでいただければ幸いです

 

Wordpressのfunctions.phpを編集する前は、編集前に必ずバックアップを取って保存してください。もし編集後、エラーが出るようでしたら、バックアップファイルを元に復元してください。

Wordpressのfunctions.phpを編集する前は、編集前に必ずバックアップを取って保存してください。もし編集後、エラーが出るようでしたら、バックアップファイルを元に復元してください。

  • 合わせてメルマガも登録していただけると嬉しいです
    こちらから

 

北澤英実莉

 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。